為替変動要因

2014年08月 のアーカイブ

2014年8月28日 19時46分16秒 (Thu)

タンノイのエッジを交換しました

管理人です。 (12/23 追記修正しまた)
自家修理の場合は自己責任でお願いします。
 
もう10年以上前の事、先輩が古いスピーカーを譲ってくれました。
イギリスのタンノイ製でアーデン(Arden ) 使用ユニットはHPD385A。
38cmのウーファを使用した2wayコアキシャルです。
(大きさは茶箪笥くらいで・・・狭い部屋には大きすぎます)
当時からエッジがボロボロでしたが交換する自信もないし
音も私の耳では問題ないのでそのままにしていました。
邪魔だし捨てようかなと思いましたが勿体ないので修理する事にしました。
 メーカーに出す ・・・・とんでもない値段    無理です
 ショップで交換 ・・・・1本 3〜5万円くらい  これも無理
 自分で交換・・・・・・・2本 1〜1.5万円くらい これなら何とか・・・

自信はないけど自分で交換する事にしました。
エッジはファンテックさんの
 TANNOY 38cm スピーカーエッジ修理・交換用 ラバーエッジ [HR38]キットを
 使いました。詳しい説明書もついてきます。
 このエッジは少し厚めなのかフレームへ取り付ける24本のネジを
 少し長い物に交換する必要がありました。

ボロボロのエッジ
 img_20140828-200900.jpg
正面のボルト4本を外しユニットを外します。
念のためプラグに合いマークをかきます。

 img_20140828-201035.jpg
 img_20140828-201706.jpg
BOXの中に1977年の印が有りました。
 img_20140828-201545.jpg
フレームからコーンを外すために配線を外します。
驚いた事に1本からげて有るだけで半田付けしてありません。↓
日本製なら考えられませんね。
 img_20140828-202209.jpg
上図のプラグの上2個の丸い端子台からウーファ側
コーン紙に行っている配線の半田付けを外します。
復元時の事故の元になるのでツイ−タ−側は外しません。
線には+と-が有るので外した線と端子が分かるようにテープなどで表示します。
間違えると位相が逆になって変な音になります。SP後ろの灰色の中は
磁石とツイ−タ−が入っています。カバ−を開ける必要は有りません。

フレ−ムの4つの穴から小さなナットがひとつずつ見えます。 
このナットを外します。これでダンパ−がフリ−になります。
スピーカ−表側のエッジ外周のスポンジ状と金属のエッジ押さえを外します。
この押さえは小さなビス24本で止まっていますが、
たぶん新しいエッジは厚くなるのでビスの長さが不足するかも・・・・
少し長いビスを用意します。

エッジを切ってコーンを外しました。
下図はフレ−ム側です。センターにゴミや鉄粉が入らないよう蓋をします。

 img_20140828-202711.jpg
コーンに残るエッジ(ウレタン)は彫刻刀と歯ブラシで落とします。

img_20140828-202807.jpg
新しいエッジをボンドで貼ります。
HPD385Aの場合、補強リブが有るのでかなりてこずりました。
新しいエッジの補強リブの部分はリブの形に合わせて少し切り込みます。
良くみると補強リブの所々が浮いて剥がれかかっていました。
ついでにボンドを付け補強します。
注意・・・HPD385Aのエッジは凸が表側です。
凸が裏側(箱側を向く)のメーカ−も有るようです。
機種によってはコ−ン紙の表側にエッジを貼る物もあります。
作業にかかる前に現状を確認しましょう。

ボンドを付けすぎてなかなか固まらないので
洗濯バサミで固定しました。
 img_20140828-203010.jpg
エッジが付いたら組立です。
最大の難関はボイスコイルが擦らないようにセットする事です。
 
擦っているかの判断はコ−ン紙をそっと押してガサガサと聞こえるのは擦ってます。
エッジ中心に近い所の上下左右4カ所を そっと押して、
どこでも音が聞こえないようセットします。(強く押さない)
 
タンノイはエッジを固定してからでもダンパーのボルト受け穴が
長穴なので調整ができます。そうは言ってもこれがひどく難しい。
何回やってもうまくいきません。エッジ外周を固く固定してしまうと
長穴で調整してもネジを閉めるとまた擦ります。
外周、ダンパ−側とも緩く締めて調整を繰り返し固定していきます。
外周の仮固定を接着のとき使用した洗濯バサミで行うなど工夫してください。

完成しました。
付けすぎたボンドがエッジの表に付いてしまいましたが
音には問題なさそうです。


 img_20140828-203513.jpg

 

 

2014年8月28日 17時43分03秒 (Thu)

ウインドファンを付ける。

管理人です。
今年ついにウィンドファンを付けました。

むかし流行った窓につける換気扇みたいなやつです。
(換気と涼しい外気導入が目的の商品で冷房機能は有りません)
エアコンの普及で姿を見なくなりましたが最近また
夏になるとネットで宣伝を見かけます。
エアコンが大の苦手なので今年思い切って購入しました。
仮に組んでみました。
水色のはピリー君の玩具です。
 ピリー君はこちら↓(湯上りでご機嫌)
 img_20140901-201141.jpg
 
img_20140828-175615.jpg
上が排気、下が給気ファンです。個別に運転できますし
タイマーや温度による自動運転もできる。なかなか良く
出来ています。ファンの下は窓の寸法に合わせて
プラスチックの板を切って調整します。防犯上よわそうなので
裏側(外側)へ薄い鉄板を入れました。

窓に付けてみました。
img_20140828-180814.jpg
枠が弱くてぐらぐらします。
換気したまま外出したいので補強する事にします。
こんな感じ・・・↓
木枠で補強して、ついでに小物を飾れる棚にしました。
窓は補助錠と振動センサーを付けて防犯対策もばっちり。
補助錠を外せば窓を閉める事もできます。
img_20140828-181125.jpg
これで嫌なエアコンを使わずに済みます。

2014年8月25日 19時23分03秒 (Mon)

8月27日休業のお知らせ

8月27日休業のお知らせ8月27日水曜日、休業致します。


ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

アーカイブ

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数